SNS疲れはどうして起こる?

発展したソーシャルネットワークサービスの裏側

インターネットは人間関係を変えた

みなさんはスマホ病という言葉を聞いた言葉あるでしょうか。
一般にはスマホ病とは、スマホを常に持っていないと不安でしょうがない、スマホの中身が気になってほかのことに集中できない、といったことです。
その多くを占めるのがSNSにまつわる悩み事です。

SNSとは、ソーシャルネットワークサービスのことで、リアルタイムで世界中の人々とコミュニケーションをとることができます。
また、SNSにはたくさんの種類があり、共通のアプリやサイトを共有することでそのコミュニティーに入ることができます。
しかし、現代の社会ではSNSと通じたいじめや、過度のストレスを受けることによった精神的ストレス病に悩む人々が年々増加しています。

たとえば、あるグループに自分だけ招待されず、いわゆる仲間外れ状態にされることや、自分が投稿した記事に対する評価への過度の不安などです。
このように、SNSの発展に伴ってそれに依存した人間関係が築かれるようになりました。
インターネットであるがゆえに相手の考えていることがわからず、常に何かしらの不安を抱えてしまう若者は多く、ついにはSNSのためのSNSが多々紹介されるようになっています。

これほどまでに人々が悩みを抱えるSNSですが、悪い面だけではありません。
SNSを使用することによって仕事でのメッセージのやり取りが気軽にできたり、より広い世界の情報を共有できたりなど、革新的な機能は決して無視できません。
では、こんなに魅力的なツールをうまく使いこなすにはどうするのが良いのでしょう。